マルチコプターを前進させるために操作する舵を選びなさい。
総重量[2kg] の機体が高度19.6[m]から自由落下した場合、地上に衝突するまでにおおよそ何秒かかるか選びなさい。ただし、 空気抵抗はないものとする。また、重力加速度は、9.8[m/s²]とする。
「電磁波」の説明として最も適切なものを選びなさい。
飛行中、プロポのスティックをニュートラル状態にしても機体が一定方向に移動または傾く場合における最も適切な操作を選びなさい。
飛行禁止空域の説明として正しいものを選びなさい。
無人航空機の墜落事故が発生し、第三者が所有する建造物を破壊してしまった場合、操縦者が負わなければならない第三者に対する責任を選びなさい。
「マルチコプター」 の説明として正しいものを選びなさい。
航空法において人が乗ることが出来ない構造で機体重量が200gを超えるマルチコプターを表す用語を選びなさい。
「UAV」の説明として正しいものを選びなさい。
ブラシレスDCモーターの特徴として正しいものを選びなさい。
送信機を選びなさい。
無人航空機の飛行に関して、航空法における飛行許可または承認を受けた期間が3か月を超える場合において、 許可又は承認の期限を迎えた日から1か月以内の他に、行わなければならない飛行実績報告の間隔を選びなさい。
ヘディングに対して真横から風が吹いている場合において、 機体の位置を一定に保つために必要な操作として最も適切なものを選びなさい。
「スラスト」の説明として正しいものを選びなさい。
次のうち、速度を表す単位を選びなさい。
航空法の所管を選びなさい。
航空法に定めのある無人航空機と人又は物件との間の距離について、人又は物件の定義から除外されるものを選びなさい。
GPSの特徴として間違っているものを選びなさい。
上空での航空機同士の衝突を回避するため、相手方がディセ ンドすることを宣言した場合、こちらがとるべき動作として正しいも のを選びなさい。
電波法の所管を選びなさい。
【簡易版】ドローン検定3級模擬テスト
{{maxScore}}問中{{userScore}}問正解です。各設問に正解が表示されているので不正解だった問題をチェックしましょう。
{{title}}
{{image}}
{{content}}