マルチコプターにおけるラダー操作を安定させるために必要不可欠な役割を果たすセンサーを選びなさい。
無人航空機を航空法(第132条の2)で定められた飛行方法によらない方法で飛行させる場合に、行わなければならない手続きを選びなさい。
総重量[2kg] の機体が高度19.6[m]から自由落下した場合、地上に衝突するまでにおおよそ何秒かかるか選びなさい。ただし、 空気抵抗はないものとする。また、重力加速度は、9.8[m/s²]とする。
飛行中、プロポのスティックをニュートラル状態にしても機体が一定方向に移動または傾く場合における最も適切な操作を選びなさい。
無人航空機の操縦にあたって、操縦者がもつ責務ついての説明として不適切なものを選びなさい。
ヘディングに対して真横から風が吹いている場合において、 機体の位置を一定に保つために必要な操作として最も適切なものを選びなさい。
ブラシレスDCモーターの特徴として正しいものを選びなさい。
高度176.4[m] を、5[m/s] の速度で水平飛行している機体がトラブルにより揚力が無い状態で落下を始めた。この機体は、落下開始地点から水平におおよそ何[m]進み地上に衝突するか選びなさい。ただし、空気抵抗はないものとし、重力加速度は9.8[m/s²] で計算する。
「スキッド」の説明として正しいものを選びなさい。
右回転を表す表記を選びなさい。
航空法において人が乗ることが出来ない構造で機体重量が200gを超えるマルチコプターを表す用語を選びなさい。
マルチコプター (固定ピッチ)のフライトプランとして、適切でない事項を選びなさい。
「ブレード」の説明として正しいものを選びなさい。
次のうち、速度を表す単位を選びなさい。
18[km/h] をメートル毎秒で表したものを選びなさい。
回転翼機の離着陸場所として適切でない場所を選びなさい。
静止している物体に、同じ方向で8[m/s²]の加速度を加えて移動させた場合、加速度を加えて、 4秒後における物体の移動量 [m]と速度 [m/s] の組み合わせとして正しいものを選びなさい。
「フェイルセーフ構造」でないものを選びなさい。
マルチコプターを前進させるために操作する舵を選びなさい。
電波法の所管を選びなさい。
【簡易版】ドローン検定3級模擬テスト
{{maxScore}}問中{{userScore}}問正解です。各設問に正解が表示されているので不正解だった問題をチェックしましょう。
{{title}}
{{image}}
{{content}}