固定翼機が失速した場合にとるべき最も適切な操作を選びなさい。
下降気流の発生条件として間違っているものを選びなさい。
静止している物体に、同じ方向で8[m/s²]の加速度を加えて移動させた場合、加速度を加えて、 4秒後における物体の移動量 [m]と速度 [m/s] の組み合わせとして正しいものを選びなさい。
「対気速度」の説明として正しいものを選びなさい。
静止していた物体が5 [m/s²] で加速するとき、 加速を始めて 3秒後の物体の速度を選びなさい。
飛行禁止空域の説明として正しいものを選びなさい。
「スラスト」の説明として正しいものを選びなさい。
高度176.4[m] を、5[m/s] の速度で水平飛行している機体がトラブルにより揚力が無い状態で落下を始めた。この機体は、落下開始地点から水平におおよそ何[m]進み地上に衝突するか選びなさい。ただし、空気抵抗はないものとし、重力加速度は9.8[m/s²] で計算する。
「電磁波」の説明として最も適切なものを選びなさい。
上空での航空機同士の衝突を回避するため、相手方がディセ ンドすることを宣言した場合、こちらがとるべき動作として正しいも のを選びなさい。
機体の傾きを検知し、飛行を安定化する装置を選びなさい。
次のうち、速度を表す単位を選びなさい。
航空法に定めのある無人航空機と人又は物件との間の距離について、人又は物件の定義から除外されるものを選びなさい。
重力に逆らって機体を持ち上げる力として正しいものを選び なさい。
機体が大きく傾いた際にローターが停止した。この原因とし て考えられるものとして最も可能性が高いものを選びなさい。
マルチコプター (固定ピッチ)のフライトプランとして、適切でない事項を選びなさい。
「マルチコプター」 の説明として正しいものを選びなさい。
無人航空機の飛行に関して、航空法における飛行許可または承認を受けた期間が3か月を超える場合において、 許可又は承認の期限を迎えた日から1か月以内の他に、行わなければならない飛行実績報告の間隔を選びなさい。
フライト準備の説明として適切でないものを選びなさい。
小型無人機等飛行禁止法の説明として正しいものを選びなさい。
【簡易版】ドローン検定3級模擬テスト
{{maxScore}}問中{{userScore}}問正解です。各設問に正解が表示されているので不正解だった問題をチェックしましょう。
{{title}}
{{image}}
{{content}}